さくらばのダベリバ

頑張って生きてます。ダベるだけで読者増を目指す、チャレンジブログです。

YouTubeも喰らう アニメも喰らう

 有名かつウケが良いので、「好きなYouTuberは?」と訊かれると「東海オンエア」と返しがちだけど、実はそんなに見てない、どうもさくらばです。

 本当は瀬戸弘司とたっくーTVれいでぃおとたつろうが好き。さん付けるか迷うけど今回は略させていただきます。さくらばはエンターテイナーを常に心の中で尊敬しているから……。

 メジャーどころでいえばはじめしゃちょーも見るし、とっくん(大蛇丸の人)も更新されてたら見るし、加藤純一の金ネジキは傍で垂れ流したりしている。どうもー、ドYouTuberっ子でーす。強いて言えば、グループ系YouTuberをあんまり見ない感じでしょうか。いっぱいおるけぇもうわからん。

 数年で本当に人々の生活に根付いたYouTube。見てない現代人おるん? って思いますよね。さくらばのダベリバも人々の生活に根づきたいものですね!!!!!!!!

 

 

 

 さーて、10月19日の……質問箱を開けるコーナー〜。

 

f:id:Sakuraba-no-Daberiba:20211019230914j:plain

 

 調べてみたら、モイってフィンランドのあいさつなんですね。フィンランドにも読者がいるということで。嬉しい限りですね。モイ。

 今って、私が好きなアニメよりも、友人に紹介されてこれから見たいアニメの方が多いんですよね。『ピンポン』とか『映像研には手を出すな!』とか、『Vivy』とか。『進撃の巨人』も楽しそうに見ておられる。ピンポンや進撃はアニメもだけど原作を読破したいよなあ。

 

 アニメもドラマも、長尺のものを歳をとるにつれ段々見れなくなってきて、少し焦っています。それは「アニメを見るのに何時間も使ってる暇はない」という人生への焦りなのか、それとも加齢による集中力だか好奇心だかの低下なのか。だったら前者のがマシだな。その点『PUI PUI モルカー』は全話見れた。

 

 絵柄も音楽も演出も、10年単位で別物のように変わっていきます。そういう流れ行くコンテンツを満遍なく吸収していこう、という意欲はあって、食わず嫌いせず1話はまぁ見てみようと心がけています。

 そんなさくらばのイチオシアニメをテンポ良くご紹介。

 

 

 ジョジョ良いですよ。カァーッって感じ。(は?)こんな劇画がジャンプ作品なわけあるかよ、と思われるかもしれませんが、見るとちゃんとジャンプなんだよな。

 私は3部と4部が好きです。スタンドのデザインは3部の方が好きで、ストーリーは4部がより好きかな。吉良吉影って、当時いなかったタイプのラスボスだし、あの小物なのに勝てる気がしないねじれ感、キャラクター作りがエグいよな。

 全体を追えたのが3部と4部ってだけで、他の部も好きになれるとは思います。まずは5部を見る覚悟の準備をしておきます。

 

 小学生時代漫画もアニメも引くほど見てました。アマプラにあって感動しちゃった。大塚明夫いい声すぎ。どのお話からでも問題ないので見てみてください。約20年前の作品なのに色褪せてないので。やっぱ手塚先生はすげえや。

 

 好きなことは変わりないのにうっすいな感想が。ちゃんと好きですよ? 好きですけど、この作品しか見えなくなるとか、一キャラクターを一生推すとか、自分はあまりないんですよね。ほら、私の人生の主人公は私なので……。

 

  • プロメア

 映画になりますが、よく覚えていたので。ビビッドな色調とグルングルン回してバチコーンキメるカメラと、Superflyの音楽が滅茶苦茶噛み合って、勢いが凄かった。ネットの好評を見て「ほんとかー?」つって半信半疑で行ったら、制作者の思惑通り心拍数上げさせられました。こういうのを待ってたんだよ感。堺雅人の演技がすげ。

 見られてないけど、同じトリガーの『キルラキル』も良いんだろうな。

 

 所謂2021年夏アニメで唯一最後まで見られた作品。おなごしか出ないアニメって全然見ないし、シリーズの他作品も知らなかったんですが、不思議と好きになれました。まあ私も学生時代、女子しかいなかった演劇部に突入しましたからね(男2人を連れて)。

 キャラデザが良いのと、新人だという声優さんの演技がうめえ。演技を見に行ってる節はあった。

 

  • はじめまして松尾です

 とあるYouTuberの自主制作アニメ。まじで昨今のギャグアニメの中で一番面白い。多分作者は天才。小池都知事とコラボしてたし。都知事とコラボって何???

 1週間前の『躊躇なくエグい冤罪かけて来る取り調べ』が本領を発揮しているのでおすすめです。でも小学生がこれ見て笑っていて欲しくはないんだよな。もっと真っ当なギャグで笑いの場数を踏んでから来るべき。

 

 

 

 以上、今思い浮かぶイチオシアニメ5作品を紹介しました。感動系が少ないですね。そんな日常的に涙を流させないでおくれ。

 テンポは良くなかったね。10月下旬も頑張ろう。

 

 

 

↓質問、募集中っ……! 随時っ……! 待望っ……!

peing.net